ハートガードプラスの最安値通販
運営歴10年の実績!犬猫フィラリア予防薬ご案内

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安
【期間限定】正規品&最安をお約束!春夏の割引クーポン配布中!【特典1】ノミ・ダニ・フィラリア対策商品下記コードをコピーし、購入時に入力ください。
ハートガードプラスが3%オフ!
クーポンコードRF5PR2G7 ※ご利用期間:2019年3月8日(金)~2019年8月29日(木)
※商品購入前のサイト会員登録が必須となります
※クーポンの使用は1回のご注文に限り有効。
※他のクーポンコードとの併用はできません。
※一度に対象商品を数種類ご注文した場合は、各商品ごとに応じた割引率が適用されます。
【スペシャル限定特典】
もれなく貰えるレジャーシート!
1回あたりのご注文合計金額が9,000円以上の
会員の方にもれなくプレゼント!
数量限定、無くなり次第終了です!
【特典2】送料無料で全国へお届け!気になる送料も「0」円!お客様ファーストを徹底しています!【特典3】 まとめ注文でもっと割引!2個で、200円~の割引!3個なら400円~、4個なら600円~と割引です!

ハートガードプラスの特徴と効果をご解説!

フィラリアは蚊が犬猫の血液を吸うことで起きる病気の1つです。

元々は蚊に寄生している虫ですが、吸血をする際に犬猫の体へも寄生をしてしまうのです。

ハートガードプラスは1錠で1ヵ月の予防効果があり、動物病院でも愛用されている安心のお薬です。

ハートガードプラスは、別名をカルドメックチュアブルというフィラリア症の予防薬です。

また、1箱に6粒含まれていて、小型犬用・中型犬用・大型犬用の3つのタイプに分類されるので、愛犬の大きさに合わせてタイプを変えます。

主成分イベルメクチンの効果

イベルメクチンはもっとも古くからフィラリアの予防薬として使用されていて、現在でも最も多くフィラリアの予防薬に使用されています。

主成分はイベルメクチン68mcg/ピランテル57mgですが、コリー犬種の中にはイベルメクチンに対して敏感に反応を起こしてしまい、突然失神するなどの神経症状を起こす事があります。

ボーダーコリー、コリー、シェットランド・シープランドなどのコリー犬種に使用すると過敏に反応して強い副作用が出るといわれていますが、ハートガードプラスをはじめとするフィラリア予防薬に含まれるイベルメクチンは少量なので基本的にコリー犬種に使用しても副作用が発現する事はないとされ、問題ないとされています。

ただ、イベルメクチンはフィラリアの幼虫であるミクロフィラリアが血管内に寄生している場合に、イベルメクチンが投与されると発熱やショックなどの副作用を引き起こす危険性があるので、使用する場合には事前にフィラリアが寄生していないかどうかを検査するようにする事が必要となります。

主成分ピランテルの効果

ピランテルは抗線虫作用を有するチオフェンの一つで、フィラリアの神経筋を遮断する事でフィラリアを麻痺させる事で駆虫します。

また、フィラリア以外にも犬回虫や犬鉤虫などに対しても効果があります。

人でも回虫、鉤虫、蟯虫、東洋毛様線虫の駆虫薬として使用されています。

フィラリアなどを駆虫する効果は1か月ほど持続する為に、毎日若しくは1日間隔で投与するのではなく、毎月1回投与すれば十分なので、飼い主や家族としては投与を容易にする事ができます。

ただ、投与を忘れてしまった場合にはかかりつけの獣医師に相談をして指示を仰ぐようにしましょう。

また、安全性も高く、妊娠中の犬や授乳中の犬、生後6か月以上の犬にも投与する事ができます。

ハートガードプラスの副作用

ハートガードプラスは副作用が少ないとされる薬剤ではありますが、薬剤である以上副作用が発現する可能性があるので、注意が必要です。

また、副作用が発現した場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにします。

症状としては、食欲不振、嘔吐、下痢、軟便、元気消失、痙攣などが認められます。また、本来は予防薬はフィラリア症に感染していない事を検査してから投与しますが、感染している状態で投与すると急性フィラリア症、食欲不振、嘔吐、下痢、軟便、歩様異常、元気消失、皮膚アレルギーなどが認められる事もあります。

副作用の最新情報は「農林水産省 動物医薬品検査所」の各ホームページや「公式メーカー」の情報もご参照ください。

副作用情報データベース
動物医薬品等データベース

上記のホームページでは、副作用情報を検索することができます。

日本では、カルドメックという名称で流通がされているため、検索窓へ「カルドメック」と入力いただき、検索をすることで情報を閲覧することが可能です。

【メーカー公式サイト】
ゼノアック
ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社

ハートガードプラスが人気の理由

ハートガードプラスは、通販で購入する事ができるフィラリア予防薬なので動物病院で購入するよりも安い価格で購入する事ができます。

特にフィラリア予防薬は蚊の活動期間である4~11月頃に投与を続けなければいけません。

なので、飼い主や家族としては価格が安いという事は投与をし続け易い薬剤といえます。

ハートガードプラス よくあるご質問

イベルメックの違いとの違いは?

ハートガードプラスとイベルメックの共通点としては、チュアブルタイプでおやつのような形をしている為に投与が非常に簡単というものがあります。

また、フィラリアだけでなく、犬回虫や犬鉤虫も駆虫する事ができる事も2つのフィラリア予防薬の共通点です。

ハートガードプラスとイベルメックの違いとしては、ハートガードプラスはアメリカの製薬会社であるメリアル社で製造販売されていますが、イベルメックは日本のフジタ製薬から販売されています。

また、ハートガードプラスは先発薬ですが、イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品です。

この2つのフィラリア予防薬の大きな違いは通販で購入する事ができるのがハートガードプラスで、イベルメックは動物病院でしか購入できません。

ハートガードプラスを個人輸入で通販する方法は?

通販サイトでの個人輸入で可能になります。

海外の薬でも、個人輸入代行のお店を通すことで、自宅にいながら注文が可能です。

国内でフィラリア予防薬を購入する場合、獣医による処方箋が必要なためにペットショップや通販などでは販売が法律で禁止されています。

「海外通販」から「個人で使用する目的」のみでハートガードプラスが購入することができます。

安いからと言って大量購入し、楽天やメルカリなどで販売すると違法行為となるので注意してくださいね。

ハートガードプラスのメリアル社とは?

メリアル社は、多くの動物の健康と福祉および生産性の向上のために様々な製品を提供している研究・開発主導型の動物用医薬品分野における世界のリーダー企業です。

また、メリアル社の設立はアメリカの製薬会社であるメルク社とフランスの製薬会社であるローヌ・プーラン社の出資により1997年に設立され、現在では合併されてアペンティス社となり、世界中で30の現地法人と16の製造拠点を持っています。

犬の薬剤としてはフロントライン、カルドメック、エナカルド、ユーリカン、プレピコックス、サーチフェクト、ネクスガードなどが販売されていて、フィラリア症だけでなく多くの病気の薬剤を開発・販売しています。

楽天やAmazonから通販できる?

ハートガードプラスは通販で購入できるフィラリア予防薬ですが、通販サイトの大手の楽天やAmazonでは購入する事は現在の所できません。

動物病院で購入する場合は1錠あたり800~1500円で、1箱4800~9000円ほどとかなり高額となっていて、経済的にはかなりの負担となってしまいます。

ハートガードプラスを購入する事ができる通販サイトとしては、当サイトでご紹介をしている「ペットのお薬 うさパラ」があります。

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安

【犬猫フィラリア予防/ハートガードプラス最新情報】

2018.10.12
愛犬の玩具選び – 誤飲した時の対処法は?

2018.09.13
イベルメック(カルドメックチュアブル)の成分、イベルメクチンとは?

2017.08.31
ネクスガードとハートガードプラスの併用について

2017.02.23
イベルメックの副作用 – カルドメックチュアブルのジェネリック

2017.02.23
イベルメックの通販価格や最安値は? – フジタ製薬のフィラリア予防