ハートガードプラスの最安値通販
運営歴10年の実績!犬猫フィラリア予防薬ご案内

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安

フィラリアは蚊が犬猫の血液を吸うことで起きる病気の1つです。元々は蚊に寄生している虫ですが、吸血をする際に犬猫の体へも寄生をしてしまうのです。 ハートガードプラスは1錠で1ヵ月の予防効果があり、動物病院でも愛用されている安心のお薬です。

ハートガードプラスの特徴と効果をご解説!

ハートガードプラスは、別名をカルドメックチュアブルというフィラリア症の予防薬です。また、1箱に6粒含まれていて、小型犬用・中型犬用・大型犬用の3つのタイプに分類されるので、愛犬の大きさに合わせてタイプを変えます。

主成分はイベルメクチン68mcg/ピランテル57mgですが、コリー犬種の中にはイベルメクチンに対して敏感に反応を起こしてしまい、突然失神するなどの神経症状を起こす事があります。ただ、フィラリア症の予防薬に含まれているイベルメクチン量では問題ないとされるという説もあるので、コリー犬種を飼育している場合には利用する前は獣医師に相談して使用する必要があります。

イベルメクチンの効果

イベルメクチンはもっとも古くからフィラリアの予防薬として使用されていて、現在でも最も多くフィラリアの予防薬に使用されています。 ただ、ボーダーコリー、コリー、シェットランド・シープランドなどのコリー犬種に使用すると過敏に反応して強い副作用が出るといわれています。

ですが、ハートガードプラスをはじめとするフィラリア予防薬に含まれるイベルメクチンは少量なので基本的にコリー犬種に使用しても副作用が発現する事はないとされ、問題ないとされています。

ただ、イベルメクチンはフィラリアの幼虫であるミクロフィラリアが血管内に寄生している場合に、イベルメクチンが投与されると発熱やショックなどの副作用を引き起こす危険性があるので、使用する場合には事前にフィラリアが寄生していないかどうかを検査するようにする事が必要となります。

ピランテルの効果

ピランテルは抗線虫作用を有するチオフェンの一つで、フィラリアの神経筋を遮断する事でフィラリアを麻痺させる事で駆虫します。また、フィラリア以外にも犬回虫や犬鉤虫などに対しても効果があります。人でも回虫、鉤虫、蟯虫、東洋毛様線虫の駆虫薬として使用されています。

フィラリアなどを駆虫する効果は1か月ほど持続する為に、毎日若しくは1日間隔で投与するのではなく、毎月1回投与すれば十分なので、飼い主や家族としては投与を容易にする事ができます。ただ、投与を忘れてしまった場合にはかかりつけの獣医師に相談をして指示を仰ぐようにしましょう。 また、安全性も高く、妊娠中の犬や授乳中の犬、生後6か月以上の犬にも投与する事ができます。

ハートガードプラスの副作用

ハートガードプラスは副作用が少ないとされる薬剤ではありますが、薬剤である以上副作用が発現する可能性があるので、注意が必要です。また、副作用が発現した場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにします。
症状としては、食欲不振、嘔吐、下痢、軟便、元気消失、痙攣などが認められます。また、本来は予防薬はフィラリア症に感染していない事を検査してから投与しますが、感染している状態で投与すると急性フィラリア症、食欲不振、嘔吐、下痢、軟便、歩様異常、元気消失、皮膚アレルギーなどが認められる事もあります。

ハートガードプラスが人気の理由

ハートガードプラスは、通販で購入する事ができるフィラリア予防薬なので動物病院で購入するよりも安い価格で購入する事ができます。特にフィラリア予防薬は蚊の活動期間である4~11月頃に投与を続けなければいけません。なので、飼い主や家族としては価格が安いという事は投与をし続け易い薬剤といえます。

ハートガードプラス よくあるご質問

イベルメックの違いとの違いは?

ハートガードプラスとイベルメックの共通点としては、チュアブルタイプでおやつのような形をしている為に投与が非常に簡単というものがあります。また、フィラリアだけでなく、犬回虫や犬鉤虫も駆虫する事ができる事も2つのフィラリア予防薬の共通点です。

ハートガードプラスとイベルメックの違いとしては、ハートガードプラスはアメリカの製薬会社であるメリアル社で製造販売されていますが、イベルメックは日本のフジタ製薬から販売されています。

また、ハートガードプラスは先発薬ですが、イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品です。この2つのフィラリア予防薬の大きな違いは通販で購入する事ができるのがハートガードプラスで、イベルメックは動物病院でしか購入できません。

ハートガードプラスを個人輸入で通販する方法は?

通販サイトでの個人輸入で可能になります。 海外の薬でも、個人輸入代行のお店を通すことで、自宅にいながら注文が可能です。

国内でフィラリア予防薬を購入する場合、獣医による処方箋が必要なためにペットショップや通販などでは販売が法律で禁止されています。 大手通販サイトの楽天やAmazonでは販売されていませんよ。

「海外通販」から「個人で使用する目的」のみでハートガードプラスが購入することができます。 安いからと言って大量購入し、楽天やメルカリなどで販売すると違法行為となるので注意してくださいね。

ハートガードプラスのメリアル社とは?

メリアル社は、多くの動物の健康と福祉および生産性の向上のために様々な製品を提供している研究・開発主導型の動物用医薬品分野における世界のリーダー企業です。

また、メリアル社の設立はアメリカの製薬会社であるメルク社とフランスの製薬会社であるローヌ・プーラン社の出資により1997年に設立され、現在では合併されてアペンティス社となり、世界中で30の現地法人と16の製造拠点を持っています。

犬の薬剤としてはフロントライン、カルドメック、エナカルド、ユーリカン、プレピコックス、サーチフェクト、ネクスガードなどが販売されていて、フィラリア症だけでなく多くの病気の薬剤を開発・販売しています。

楽天やAmazonから通販できる?

ハートガードプラスは通販で購入できるフィラリア予防薬ですが、通販サイトの大手の楽天やAmazonでは購入する事は現在の所できません。

動物病院で購入する場合は1錠あたり800~1500円で、1箱4800~9000円ほどとかなり高額となっていて、経済的にはかなりの負担となってしまいます。

ハートガードプラスを購入する事ができる通販サイトとしては、「ペットのお薬 うさパラ」があります。

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安

【犬猫フィラリア予防/駆除 最新情報】
ハートガードプラス/カルドメック/イベルメック/パノラミス

2017.08.31
ネクスガードとハートガードプラスの併用について

2017.02.23
イベルメックの副作用 – カルドメックチュアブルのジェネリック

2017.02.23
イベルメックの通販価格や最安値は? – フジタ製薬のフィラリア予防

2017.02.23
ハートガードプラスを体重別で使用方法をご紹介

2017.02.01
ハートガードプラスのジェネリックはあるの?

2017.01.26
イベルメックとカルドメックの違いは?

2017.01.22
ハートガードプラスとフロントラインプラスの併用

2017.01.20
ハートガードプラスを個人輸入で通販する方法

2017.01.20
ハートガードプラスとイベルメックの違いとは

2017.01.09
ハートガードプラスのメリアル社とは?

【ハートガードプラス 最新情報】フィラリアお薬通販ご案内

ネクスガードとハートガードプラスの併用について

ハートガードプラスは、フィラリア予防のお薬として人気が高いですがノミやマダニの予防駆除はできません。 その為、ノミダニ予防を行う場合は他のお薬と併用をすることが求められます。 ネクスガード併用が最も多い 食べるタイプのノミマダニ予防駆除薬として知名度が高い「ネクスガード」。 ハートガードプラスと同タイプのソフトチュアブルタイプとなっているため、容易に食べさせることが可能...   [この記事の続きを読む]

イベルメックの副作用 – カルドメックチュアブルのジェネリック

犬に必要なフィラリア予防。 きちんと予防すれば100%防ぐことができる病気です。 反対に、成犬で3年間予防をせずに過ごすと100%かかってしまうというデータもあるほど。 動物病院で処方されるフィラリア駆虫薬で一番多いのが「カルドメックチュアブル」。 誰でも聞いた事があると思います。 では、「イベルメック」というフィラリア予防薬をご存知でしょうか。 実はカルドメックチュアブルのジ...   [この記事の続きを読む]

イベルメックの通販価格や最安値は? – フジタ製薬のフィラリア予防

犬を飼うと必ず必要になる「フィラリア予防」。 あなたはどんな薬を使用していますか? 動物病院で処方される「カルドメックチュアブル」というお薬が多いのではないでしょうか。 では「イベルメック」という薬をご存知ですか? こちらは、カルドメックチュアブルのジェネリック医薬品なのです。 これを読んで、フィラリア予防薬の選択肢を増やしてみて下さいね。 ■カルドメックとイベルメック■ ...   [この記事の続きを読む]

ハートガードプラスを体重別で使用方法をご紹介

犬を飼うと必ず必要になる「フィラリア予防」。 あなたはどんな薬を使用していますか? 動物病院で処方されている方はカルドメックチュアブルが多いのではないでしょうか。 そのカルドメックチュアブルと同様の薬「ハートガードプラス」をご存知でしょうか。 もし知らないならもったいない! ぜひこれを読んでハートガードプラスについて知って下さいね。 ■ハートガードプラスとは■ ハートガー...   [この記事の続きを読む]

ハートガードプラスのジェネリックはあるの?

皆さんはハートガードプラスというフィラリアを駆虫するお薬をご存知でしょうか。 知らないという方、では、カルドメックチュアブルというお薬はどうでしょう。 実は、このハートガードプラスとカルドメックチュアブルは全く同じお薬です。 今回はこのハートガードプラスというお薬を詳しくお伝えするとともに、ジェネリック医薬品かどうかについてもお話しします。 これを読めば、フィラリア予防薬の選択...   [この記事の続きを読む]

イベルメックとカルドメックの違いは?

犬を飼っている皆さんなら、フィラリア予防薬として「カルドメックチュアブル」を使用している方も多いはず。 そんなカルドメックチュアブルにジェネリック医薬品が存在する事は知っていましたか? 今回は、そのカルドメックチュアブルのジェネリック医薬品である「イベルメック」についてお伝えします。 少しでもフィラリア予防薬の選択肢が増えると、飼い主さんにとっても嬉しいですよね。 ぜひお読みく...   [この記事の続きを読む]

ハートガードプラスとフロントラインプラスの併用

フロントラインプラスはノミやマダニに対する駆虫薬で、ハートガードプラスと同じくメリアル社から販売されています。 ハートガードプラスとフロントラインプラスの違い ハートガードプラスとフロントラインプラスの違いは、ハートガードプラスがフィラリアと犬回虫、犬鉤虫を駆虫するのに対してフロントラインプラスはノミやダニ、シラミ、ハジラミを駆除します。 また、チュアブルタイプで犬に食べさせて投...   [この記事の続きを読む]

ハートガードプラスを個人輸入で通販する方法

犬を飼うと、動物病院に行く機会が増えますよね。 その中で、犬を飼う上で必ず必要となるのが、狂犬病の予防注射とともにフィラリア症の予防。 ノミ・ダニ予防も必要ですよね。 病気にかからないように予防をするのだけれど、予防にはちょっとコストもかかるし手間もかかります。 今回は、フィラリア予防薬の1つ、ハートガードプラスを紹介します。 フィラリア予防薬と言えば、カルドメックチュアブルしか...   [この記事の続きを読む]

ハートガードプラスとイベルメックの違いとは

フィラリア予防薬の1つであるハートガードプラスとイベルメックにはどういったがあり、どんな違いがあるのでしょうか? イベルメック イベルメックは、フジタ製薬から販売されている医薬品でイベルメクチンを主な有効成分とするフィラリアの予防薬で、基本的には動物病院で獣医師に処方してもらって購入する事ができるカルドメックのジェネリック医薬品です。 カルドメックは、世界で初めて月に1回飲ませる...   [この記事の続きを読む]

ハートガードプラスのメリアル社とは?

蚊が媒介するフィラリアを予防するハートガードプラスは、メリアル社から販売されています。また、ハートガードプラスはカルドメックチュアブルという名前でも販売されています。 メリアル社とは メリアル社は、多くの動物の健康と福祉および生産性の向上のために様々な製品を提供している研究・開発主導型の動物用医薬品分野における世界のリーダー企業です。 また、メリアル社の設立はアメリカの製薬会社で...   [この記事の続きを読む]