ハートガードプラスとイベルメックの違いとは

フィラリア予防薬の1つであるハートガードプラスとイベルメックにはどういったがあり、どんな違いがあるのでしょうか?

イベルメック

イベルメックは、フジタ製薬から販売されている医薬品でイベルメクチンを主な有効成分とするフィラリアの予防薬で、基本的には動物病院で獣医師に処方してもらって購入する事ができるカルドメックのジェネリック医薬品です。

カルドメックは、世界で初めて月に1回飲ませるタイプのフィラリア症の予防薬で、仔犬や妊娠中・授乳中の犬でも投与する事ができる安全性が高い薬品なので飼い主や家族としても使いやすいフィラリアの予防薬です。

ジェネリック医薬品は、これまで有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格な薬剤の事で、人の薬品でも知られていますね。
ジェネリック医薬品は今まであるものを利用して製造される為に、研究開発などの費用が抑えられるために安価に販売する事ができます。なので、購入者にとってありがたい医薬品といえます。

また、カルドメックのジェネリック医薬品としては、イベルメックだけでなく、ダイロハート、キウォフハート、ストロングハートなどがあります。

イベルメックとカルドメックの違い

イベルメックとカルドメックは基本的には同じものですが、違いもあります。
カルドメックはアメリカ産の牛肉を使用していますが、イベルメックは国産の牛肉を使用しています。これがカルドメックとの違いです。

ハートガードプラスとイベルメックの共通点と違い

ハートガードプラスとイベルメックの共通点としては、チュアブルタイプでおやつのような形をしている為に投与が非常に簡単というものがあります。また、フィラリアだけでなく、犬回虫や犬鉤虫も駆虫する事ができる事も2つのフィラリア予防薬の共通点です。

ハートガードプラスとイベルメックの違いとしては、ハートガードプラスはアメリカの製薬会社であるメリアル社で製造販売されていますが、イベルメックは日本のフジタ製薬から販売されています。

また、ハートガードプラスは先発薬ですが、イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品です。この2つのフィラリア予防薬の大きな違いは通販で購入する事ができるのがハートガードプラスで、イベルメックは動物病院でしか購入できません。

これは、カルドメックも同じですが、カルドメックのジェネリック医薬品であるイベルメックの方が安価に購入する事ができます。

【 おススメ! 話題のトピックス!】

  • 新規バナー
  • 新規バナー

【特集】 ペット保険が大ブーム!
病気や骨折、事故の備えは重要です!

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安

ハートガードプラスの最安値通販

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安