ハートガードプラスの使い方と与え方

フィラリア症の予防薬であるハートガードプラスは錠剤の為に投与する際には犬が飲み込んでくれるように与える必要があります。

ハートガードプラスの使い方

フィラリアの予防薬には、毎日若しくは1日間隔で投与するタイプと月に1回投与するタイプがあります。
ハートガードプラスは、月に1回投与すればいいタイプの予防薬で投与が簡単なタイプですが、月1回であるが故に途中で投与を忘れてしまう場合もあります。そのような場合には今までの投与が無駄となる可能性もあるので、忘れた場合には必ず獣医師の指示を仰ぐようにしましょう。忘れていた時期の薬剤を一緒に投与する事は犬に余計な負担をかけてしまう為にやめましょう。

フィラリア症は蚊を媒介とするために予防薬も蚊の活動期間だけ投与すれば十分ですが、最近では蚊の活動期間が延びてきている為に1年を通じて投与しなければいけない場合もあります。5~10月頃が蚊の活動期間で、一般的にはこの期間に+1か月の4月~11か月投与を行います。1か月余分に投与するのは蚊が活動している可能性がある為です。
投与期間は蚊の生息状況や犬がいる地域によっても変わってきます。

ハートガードプラスを投与するには、生後6か月以上の仔犬から投与する事ができ、妊娠中や授乳中のメス犬でも投与する事ができます。また、投与前には必ずフィラリアに感染していないかを検査してから投与を行うようにします。その理由としてはフィラリアに感染してから投与しても効果が十分に得られない場合もあるので、事前に検査を行いましょう。

ハートガードプラスの与え方

ハートガードプラスは錠剤で、犬が最も好むとされている牛肉を使用した半生タイプなので、薬剤の投与を嫌う犬でも与える事ができます。ただ、牛肉にアレルギー反応を示す犬もいるので、そういった犬の場合は投与をしないほうがいいですね。フィラリアの予防薬はハートガードプラス以外にもあるので、獣医師と相談して愛犬に遭ったものを選ぶようにしましょう。

与える際には、食餌やおやつを食べる事が大好きな犬には食餌やおやつに混ぜると与えやすいですが、犬の中には錠剤だと感じると吐き出す犬もいるのでしっかりと飲み込んだことをチェックするようにしましょう。また、錠剤ではなく細かく割ってから与える方法もありますが、この方法だと容量が全て摂取できない場合もあるので飲み残しがないように注意する必要があります。飲み残しがあると予防薬として十分に効果が得られない場合もあるのでしっかり戸のみ込んだことをチェックしましょう。

【 おススメ! 話題のトピックス!】

  • 新規バナー
  • 新規バナー

【特集】 ペット保険が大ブーム!
病気や骨折、事故の備えは重要です!

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安

ハートガードプラスの最安値通販

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安