ハートガードプラスの価格

フィラリア症の予防薬であるハードガードプラスは犬の大きさによって3つに分類され、価格もその3つによって変わってきます。

ハートガードプラスのご紹介

ハートガードプラスは蚊を媒介として発症する心臓病で、発症すると命に関わるフィラリア症に対する予防薬です。また、おやつのような形状をしていて、犬に高い嗜好性を示す牛肉でできているために簡単に投与ができる為に人気が高いフィラリアの予防薬です。

また、フィラリアの予防薬は毎日若しくは1日間隔で投与しないといけないタイプと月に1回で十分なタイプがあり、ハートガードプラスは月に1回で十分なタイプなので、使用しやすいタイプといえます。

フィラリアの予防薬は事前に検査をしてフィラリアが感染していない事を確認して投与しなければいけない薬剤で、感染した状態で投与しても効果がないだけでなく、副作用を発現してしまう事があります。また、薬剤を投与する際には有効成分が過不足なしに投与される必要がある為に体重には注意が必要です。

なので、ハートガードプラスは体重によって小型犬用、中型犬用、大型犬用の3つに分類されています。また、ハートガードプラスを投与するのは蚊の活動期間の間で、一般的には4~11月頃に継続して投与を行います。
投与を忘れてしまった場合には、獣医師に相談をして指示を仰ぐようにしましょう。

ハートガードプラスの種類

ハートガードプラスは、犬の大きさによって小型犬用、中型犬用、大型犬用の3つに分類されます。ただ、体格の大きさではなく、その犬の体重によって3つに分類されます。
また、小型犬用は11㎏まで、中型犬用は23㎏まで、大型犬用は46㎏までとなっています。

ハートガードプラスを利用する際には愛犬の体重によって利用する種類を変えるようにしましょう。
また、小型犬でも太っていて11㎏を越えている場合は中型犬用を、大型犬でも痩せていて23㎏を切る場合には中型犬用を投与するようにします。

ハートガードプラスの価格

ハートガードプラスの価格は小型犬用が3,500円、中型犬用が3,800円、大型犬用が3,600円となっていて、小型犬用と中型犬用、大型犬用で大きな違いがあるわけではありませんが、薬剤の有効成分の量が変わっているので、小型犬に中型犬用を投与したり、大型犬に中型犬用を与えると薬剤がしっかりと聞かなかったり、逆に聞き過ぎてしまう場合もあるので、その犬にあったタイプを投与するようにしましょう。

【 おススメ! 話題のトピックス!】

  • 新規バナー
  • 新規バナー

【特集】 ペット保険が大ブーム!
病気や骨折、事故の備えは重要です!

【期間限定】セール価格&送料無料
犬のフィラリア対策ならハートガードプラス(カルドメック)

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安

ハートガードプラスの最安値通販

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の製品です
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 1000円~ 500円~
6錠:1ケース 6000円~ 2800円~
12錠:2ケース 12,000円~ 5,400円~ 最安